• Twitter
  • Facebook

2 1日も早く原発ゼロへ

原発ゼロを単なるスローガンとして語る次元はとうに過ぎています。原発ゼロは、未来に対する私たちの世代の責任です。再稼働は現状では認められません。原発の稼働がなくとも日本経済は成り立ちます。再生可能エネルギーや省エネ等の技術開発によって、もはや原発ゼロはリアリズムです。
東京電力福島第一原発事故の被害者に責任ある対応を取り、原発立地自治体への対策、使用済み核燃料の処理などに関する具体的なロードマップを示す原発ゼロ基本法を策定し、1日も早く原発ゼロを実現します。

  1. 1

    原発ゼロを一日も早く実現するための「原発ゼロ基本法」策定

  2. 2

    成長戦略としての再生可能エネルギー・省エネ技術への
    投資拡大と分散型エネルギー社会の実現

  3. 3

    パリ協定にもとづく地球温暖化対策の推進

TOP