• Twitter
  • Facebook

3 個人の権利を尊重し、ともに支え合う社会を実現します

日本はすでに高度成長を経験した成熟社会です。画一的で、大量生産型の社会モデルから、個性や独創性を活かした社会モデルへと移行しなければなりません。人種や性などによる違いを尊重し、社会を彩る多様性こそが、その社会を豊かで、活力あるものにするのです。多様性は、強さです。あらゆる差別に反対し、社会の分断を許しません。LGBT差別解消、選択的夫婦別姓やクオータ制の実現などによって、互いに支え合う、社会的な包摂を実現します。

  1. 1

    あらゆる差別の禁止―LGBT差別解消、性暴力被害者を守る
    支援センターの設立、選択的夫婦別姓の実現、
    国政選挙へのクオータ制の導入

  2. 2

    障がい者差別解消法の運用強化、手話言語法制定の推進

  3. 3

    自殺に追い込まれることのない社会の実現

  4. 4

    子どもに引き継がれてしまう貧困の連鎖を断つための
    教育生活支援、 虐待をなくすために児童相談所や
    児童養護施設、民間団体との協働を強化

  5. 5

    ギャンブル依存症に対する莫大な社会コストを生じさせ、
    マネーロンダリングの温床となり治安を悪化させる
    カジノ解禁に反対

TOP