パリテ・ナウ

【パリテ・ナウ】5/16@永田町「ジェンダー視点からみる労働法制と198回国会の動きについて」

2019年5月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃から大変お世話になっております。

第198回国会では、立憲民主党は、政府案への対案として、セクハラ禁止法案、パワハラ規制法案、児童虐待防止法等改正案等を提出しました。今回のパリテスクールでは、今国会での法案提出等の立憲民主党の取り組みのご報告とともに、均等法など労働法における「女性」について専門家からお話しを伺います。ジェンダーの視点からどのように法制度、職場の仕組みを考えていけばよいのか、皆さんと考えていきたいと思います。奮ってご参加ください。

※ご参加の場合にはrgender@cdp-japan.netまで氏名をお知らせください。

日時:2019年5月16日(木)19:00~20:30

場所:ビジョンセンター永田町 地下1階102号室

   https://www.visioncenter.jp/nagatacho/access/

テーマ:

1.内藤忍さん 独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)副主任研究員 「ジェンダー視点からみる労働法制」

2.国政報告「ジェンダー視点からみる198回国会の動き」

参加者:先着50名

参加議員:神本美恵子参議院議員、大河原雅子衆議院議員、尾辻かなこ衆議院議員、岡本あきこ衆議院議員 他