ニュース

2018年4月3日

【常任幹事会】水岡氏を次期参院選・公認候補者に、堀越衆院議員を群馬2区支部長に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党は3日、第12回常任幹事会を開催しました。その後、福山哲郎幹事長は定例の記者会見を行いました。
 常任幹事会の主な報告・承認事項は以下のとおりです。

○パートナーズ制度、全体会議と全国幹事長・実務担当者会議で準備状況等の説明を実施

○行政区支部の設立方針について

○地方自治体議員の入党承認(累計220名)
 北海道14名(道議2名、政令市3名、市議5名、4名)、埼玉県5名(政令市議3名、市議1名、町議1名)、神奈川県2名(政令市議1名、市議1名)、東京2名(区議1名、市議1名)、愛媛県1名(県議1名)

○島根県大田市議会議員選挙(無投票)
 木村幸司(推薦・現職)

○立憲民主党組織規則案について
 代表幹事長に詳細を一任

○立憲パートナーズ制度準備及び規則案について
 代表幹事長に詳細を一任

○次期参院比例候補者の公認決定及び比例区総支部長の選任について
 水岡俊一氏(前参院議員)

○衆院小選挙区総支部長の選任
 群馬県第2区 堀越啓仁総支部長(衆院比例区第3総支部から変更)

○地方自治体議員選挙の公認決定
▼東京都多摩市議会議員補欠選挙(4月15日投開票)
 春日亀小判(新人)

○民進党からの新党結成の申し入れについて
 本日15時から増子輝彦・民進党幹事長と福山幹事長が面談、回答を常任幹事会で決定。
 ※会合終了後、福山幹事長から増子幹事長に文書にて回答。(回答文書「民進党・大塚代表からのお申し入れについて」PDF形式)

 常任幹事会後、定例会見を行なった福山幹事長は、防衛省が過去の国会答弁で不存在と説明していた陸上自衛隊のイラク派遣時の日報が見つかった問題について、「安倍政権は国会で真実を語ることを拒否し続けている」と語り、「国会の審議と信頼をことごとく崩す姿勢は、反省を促すという生易しいものではない。言語道断だ」と厳しく批判しました。