日本労働組合総連合会(連合)は10日夕、衆議院議員会館で「働く者のための働き方改革を実現しよう 4.10院内集会」を開催。連合フォーラムに参加する衆参国会議員が参加し、今国会に提出されている「働き方改革関連法案」にどう対応するかの意思統一を行いました。神津里季生会長の主催者あいさつ、相原康伸事務局長による情勢報告ののち、立憲民主党、民進党と希望の党の対案がそれぞれ紹介されました。

 登壇した西村智奈美厚労部会長は「立憲民主党案も民進・希望案も目指す方向性は同じ。野党が協力して高度プロフェッショナル制度を削除し、流した汗が報われる労働法制を実現したい」と決意を語りました。

IMG_0040.JPG