衆院厚生労働委員会で野党が提出した働き方改革法案の審議が始まった9日夕、東京駅前で日本労働組合総連合会(連合)主催の緊急街頭演説会が開催され、法案提出者の立憲民主党と国民民主党の厚生労働委員が国会報告を行いました。

 立憲民主党案提出者の尾辻かな子衆院議員は「野党が結束して取り組んだ結果、法案提出前に裁量労働制の拡大を(政府に)断念させることができた。これからも野党が協力して徹底審議を通じて、高度プロフェッショナル制度を削除させたい。そのうえで私たちが目指すインターバル規制の導入や、中小企業も含めた労働時間短縮を進めたい」と決意を語りました。

DSC_0825.JPG