10日午後、東京都内で開かれた全日本森林林業木材関連産業労働組合連合会(森林労連)の2018中央行動の結団式に、小川敏夫参院議員が参加し、立憲民主党を代表してあいさつしました。

  小川議員は「今の日本の政治に欠けているのが林業・農業政策。日本に石油はないが食料や木材は国内に豊富にある。しかし政治はそれを育ててこなかった。立憲民主党は安心して働き続けられる林業政策の実現に向けて全党一丸となって取り組んでいく」とあいさつしました。 

 終了後には、11日の厚生労働省・林野庁交渉に参加する各地の参加者との懇親会が開催され、幹事長補佐の松田功衆院議員(団体交流担当)が参加し、出席者との交流を深めました。

shinrin2.JPG