6日昼、「共謀罪NO!実行委員会」と「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」主催で、共謀罪法廃止と森友・加計疑惑徹底追及を求める抗議行動が国会前で行われ、立憲民主党を代表して逢坂誠二衆院議員があいさつをしました。

 逢坂議員は「安倍政権は、さまざまな角度から国民の気持ちを委縮させ、活動を制限し、国民の行動を監視することをやっている。その1つである共謀罪は、必ず廃止するべき」だと、協力を呼びかけました。

 午後には、「森友・加計疑惑から公文書管理を考える」と題した集会が国会内で開かれ、立憲民主党を代表して小川敏夫参院議員があいさつをしました。

 小川議員は「国会ではカジノ法案をやっていて、ほかは全部動いていない。財務省と国交省の委員会は開かれていないのです」と、森友・加計問題の解明が進まないことに不快感をあらわにしました。

20180706②森友・共謀罪院内集会.JPG

20180706③共謀罪抗議行動.JPG
20180706④森友・共謀罪院内集会_小川敏夫議員 (1).JPG