立憲民主党長崎県連合と党長崎県第3区総支部は30日、長崎市内で設立大会を開催しました。大会には福山哲郎幹事長も出席しあいさつを行ないました。来賓として、連合長崎の宮崎辰弥会長、国民民主党長崎県連の渡辺敏勝幹事長、社民党長崎県連合の坂本浩幹事長、長崎県平和運動センターの平野忠司事務局長も出席しました(写真上は、大会冒頭であいさつする山田県連代表)。

 規約、役員、活動計画など審議事項の承認の後、「立憲タウンミーティング―あなたの声を聞かせてください」と題し、一問一答方式で福山幹事長が参加者からの質問に回答していきました。

 最後は、県連代表であり第3区総支部の山田勝彦氏が挨拶し、長崎の地で立憲民主党の旗を掲げ活動することを宣言し大会を終了しました。

参加者の質問に答える福山幹事長
参加者の質問に答える福山幹事長