ニュース

2018年10月30日

辺野古埋め立て承認撤回「自分たちの意思を選挙で表す以外にどんな方法があるのか」辻元国対委員長

このエントリーをはてなブックマークに追加

 辻元清美国会対策委員長は30日、石井啓一国土交通大臣が辺野古新基地建設を巡り、防衛省が申し立てていた沖縄県の埋め立て承認撤回の執行停止を決めたと発表したことを受け、記者団の取材に応じました。

 辻元委員長は、「沖縄の民意の切り捨てだ、強く抗議をしたい」と語り、沖縄県知事選挙、那覇市長選挙、豊見城市長選挙と全て辺野古新基地反対の知事や市長が大差で勝っていることを挙げ、「民意を全く無視した安倍政権のやり方を私たちは許すことができない」と強く批判しました。

 さらに、「沖縄県民、そして国民にとって、自分たちの意思を選挙で表す以外にどんな方法があるのでしょうか。私たちは、この沖縄県の辺野古の基地建設についての反対の民意をしっかりと受け止めるべきだ」として国会でも更に追及していくと語り、また、野党5党1会派で相談の上、政府に対し抗議すると言及しました。

 石井国交大臣が執行停止を認めた理由として、「普天間の危険性除去が困難になる」「日米同盟への悪影響がある」ことを挙げていたことについては、「(普天間は)世界一危険な基地だから1分1秒でも早く返還するのは当たり前、国際スタンダード。辺野古に作らないとこっちは返還しないというのは脅し。沖縄県民に対するパワハラ」と指摘しました。

 さらに同じ閣内で防衛省が国交省に申し立てたことについては、「(政府の)出来レース。自分たちの内輪の論理で進めているだけ。法律の運用も間違っていると思う、その点も論点になってくる」と述べました

関連ニュース

関連ニュース

関連記事