衆院憲法審査会が強行開催されようとしていた6日朝、市民団体の呼びかけで憲法審査会の強行開催と自民党改憲案の提出に反対する集会が議員会館前で開催され、野党各党の代表者がスピーチしました。立憲民主党・市民クラブを代表して衆院憲法審査会委員の小川淳也議員があいさつしました。

 小川議員は「今日、与党側が憲法審査会の強行開催を断念したのは皆さんの熱意の結果だ。安倍総理はねじれた、歪んだ歴史観で改憲論議をしている。だから中身も定かでないのに改憲のための改憲、とにかく変えたいんだ。そんなものに付き合う必要は全くない。よこしまな、ねじれた改憲論議に、皆さんの代弁者となってしっかりと立ちはだかっていく。そして、来年の参院選挙で決着をつけよう。彼らの改憲発議の力を奪い去り、まともな法秩序がまともに機能する国会と政治を取り戻そう」と訴えました。

20181206総がかり2.JPG