沖縄県辺野古への新基地建設に反対する市民団体の呼びかけで6日夜、「沖縄の民意を踏みにじるな!辺野古新基地建設強行を許さない首都圏集会」が東京都内で開催され、野党各党会派の代表があいさつしました。集会を主催したのは、基地の県内移設に反対する県民会議、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会、「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会の3団体。立憲民主党を代表して安全保障部会長の本多平直衆院議員があいさつしました。

 本多議員は「メチャクチャなことが続いている。知事選で示された民意を無視し、強引な方法で工事を進めようとしている。行政不服審査という奇策を使い、沖縄県に届出のない港を勝手に使い、条例違反の手続きだと問われるとウソで答える。こんなデタラメは必ず失敗する。皆さんと一緒に最後まで闘い抜くことをお誓いする」と決意を述べました。

0699B119-D9F7-41CE-A72E-D5A9827EF96F.jpeg
6FC4ADBC-146B-4126-A230-9DDFE02B226A.jpeg
FB58BD13-9931-4275-9FE7-9A7013710D98.jpeg