11日午前、在日本大韓民国民団(民団)の2019新年会が開催され、立憲民主党からは、白眞勲参院議員、手塚仁雄、初鹿明博、本多平直各衆院議員、および赤松広隆衆院副議長が出席しました。

 冒頭、主催者を代表して民団の呂健二団長が「昨年は日韓関係で困難な問題が多かったが、民団はあらゆる困難を乗り越えて、両国のいい関係を維持・発展するための架け橋であり続けたい」とあいさつをしました。

IMG_1219.jpg

 続いて、李洙勲・駐日韓国大使が、「今年は平和の流れが逆行できないほど大きな流れとなるように最善を尽くす」との文在寅大統領のメッセージを代読し、「大統領からも繰り返し申し上げてきた通り、このような問題によって未来志向の韓日関係発展のための両国の協力関係が損なわれてしまうことはあってはならない」と結びました。

IMG_8812.JPG

 立憲民主党を代表してあいさつした白議員は、「日韓関係が悪くなった時、一番嫌な思いをするのが、ここにいらっしゃる民団の方々。より良い関係を築く努力を続けるとともに、多様性を認め、お互いさまで支え合える社会を目指していく」と言葉を強めました。