第198通常国会が28日開会しました。会期は6月26日までの150日間です(写真上は、参院本会議場での開会式の様子)。

 本会議に先立ち国会内で開かれた両院議員総会で枝野幸男代表は「まっとうな政治を取り戻すためにこの通常国会での論戦、そしてそれを生かして、特に夏の参院選挙において安倍政権を倒す。皆さんの力を最大限に発揮をしていただき、国民と時代の要請に応えていきたい。今年は元号も変わる。当たり前のことが通用しない政治に終止符を打ち、そしてまっとうな政治のもとで新しい時代の新しい社会を皆さんと共に作っていきたい」と決意を語りました。

 さらに総会では、新たに政務調査会長に就任した逢坂誠二衆院議員があいさつ。「まっとうな政治を取り戻すためには、国民本位のまっとうな政策が必要。まっとうな政策を作るために皆さんのご支援もいただきながら精一杯力を尽くしてまいります」と述べました。

 その後、福山哲郎幹事長から、今国会から衆院で統一会派を組む、中村喜四郎、岡田克也、中川正春、安住淳、黒岩宇洋、金子恵美、田嶋要、江田憲司、大串博志、伊藤俊輔各議員、参院会派民友会から入党した芝博一、野田国義、真山勇一各議員、参院無所属から入党した長浜博行議員の紹介がありました。

 また、昨年末までに40の都道府県連合の立ち上げを目標をしていましたが、42都道府県で立ち上がった報告があり、「さらに加速をして、全都道府県で我が党の県連ができるよう努力していきたい」と語りました。

両院議員総会の枝野代表
両院議員総会の枝野代表