立憲民主党は12日、第37回常任幹事会を開催しました。主な報告・承認事項は以下のとおりです。

○全国幹事長・選挙責任者会議について
 2月11日開催
 40都道府県連、70人が参加

○若者向けのトーク企画「オイシイ!?おしゃべり会議」について
 2月17日17時半から永田町GRiDで開催

○新ポスターについて
 統一地方選挙に向けてポスターを制作
 結党直後、パートナーズ制度開始時に続き3枚目
 キャッチフレーズは、「多様性を誇りに。分かち合うことを力に。支え合うことを安心に。」

新ポスター
新ポスター

○総支部の設置について
 群馬県参議院選挙区第1総支部 総支部長:齋藤敦子(斉藤あつこ)

○行政区支部の設立について
 岐阜県可児市支部 代表者:渡辺仁美市議会議員
 大分県日田市支部 代表者:溝口千壽市議会議員

○地方自治体議員の入党承認等について(申請8名→541名)
▼入党
 北海道2名(道議1、市議1)、千葉県4名(市議1)、新潟1名(市議1)、滋賀県1名(市議1)

○地方自治体議員選挙の結果について
▼豊見城市議会議員選挙(定数22 2月10日投開票)
 要正悟(新人)当選

○次期参院選挙区候補者の公認について
 東京都選挙区 塩村文夏(新)

○2019年統一地方選挙における知事・市長選挙の推薦の決定等について

《推薦》
▼北海道知事選挙
 石川知裕(新)
▼鳥取県知事選挙
 平井伸治(現3)
▼札幌市長選挙
 秋元克広(現1)

《推薦取り消し》
▼福岡県知事選挙
 小川洋(現2)

○2019年統一地方選挙における追加公認・推薦について(別紙参照)
統一地方選挙における候補者の公認・推薦決定について(第37回常任幹事会).pdf