ニュース

2019年2月24日

辺野古移設県民投票の結果について(談話)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月24日

辺野古移設県民投票の結果について(談話)

立憲民主党 幹事長
福山 哲郎

米軍普天間基地の辺野古移設の是非を問う沖縄県における県民投票の結果、移設に「反対」する票が、投票資格者の4分の1を超えることが確実となった。

昨年の県知事選挙に続いて、沖縄県民は、辺野古への基地移設に反対の意思を改めて明確に示したことになる。政府はこの結果を極めて重く受け止めなければならない。「沖縄県民に寄り添う」などの言葉とは裏腹に、累次にわたって示されている沖縄県民の民意を全く無視する基地建設の強行は、民主主義の何たるかに目を向けようともしない安倍政権の体質を如実に現しており、断じて許し難い。直ちに辺野古での基地建設工事を中断すべきであることは言うまでもない。

立憲民主党は、安全保障環境の変化や海兵隊の役割等を考慮し、一端工事を中断して、米国政府との再交渉を行うべきとの立場を明らかにしている。政府との真剣な対話を求める沖縄県の立場を全面的に支持する。

以上