2020年9月15日の結党大会をへて、
新しい立憲民主党へと生まれ変わりました。
新しい立憲民主党のサイトはこちらからご覧ください。

https://newparty.cdp-japan.jp/

9月15日、ここからが新しいスタート

ニュース

2019年3月21日

3.21さようなら原発全国集会で山崎誠エネルギー調査会事務局長があいさつ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 21日午後、「さようなら原発」一千万人署名市民の会主催による「3.21さようなら原発全国集会」が代々木公園で開催され、原発ゼロ基本法案の提出者として党エネルギー調査会事務局長の山崎誠衆院議員が参加し、連帯のあいさつを行いました。

 呼びかけ人の落合恵子さんは「この国の首相に4選論が出ているが、そろそろサヨナラ願いたい。沖縄に、福島に、寄り添うと言うが、寄り添うとは通常は痛みを共有することだ。こんな政治は絶対に変えましょう。選挙の年です。私たちの声をはっきりと出していきましょう」と訴えました。山崎議員は「昨年3月9日に衆院に原発ゼロ基本法案を提出した。しかしその後、経済産業委員会では自民党・公明党が審議拒否をして審議がされていない。廃案にもしない。とにかく何の意思表示もせず棚ざらしにされている。ぜひ地元の政治家に声をかけ、審議をしろと働きかけてほしい。風向きは原発ゼロ、再生エネに向いている。この法案を審議し通すためには選挙も大事。野党結束して闘っていく」と決意を述べました。

 集会では福島在住の女性、東海第2原発を抱える東海村村議、高校生平和大使、沖縄一坪反戦地主会、総がかり行動実行委員会の代表らもスピーチし、約1万人の参加者で集会アピールを採択。終了後に原宿コース・渋谷コースに分かれてデモ行進を行いました。