19日夜、「辺野古新基地建設は断念を!政府は沖縄の民意に従え!安倍9条改憲NO!憲法審査会始動させるな!4.19国会議員会館前行動」が実施され、立憲民主党を代表して池田真紀衆院議員が連帯のスピーチを行いました。この集会は毎月19日に「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の共同で開催されているものです。

 池田議員は、「憲法審査を強引に進めることを示唆するような自民党の萩生田光一幹事長代行の発言は許しがたいものだ。立憲民主党は衆院憲法審の野党筆頭幹事である山花郁夫議員を筆頭にしっかりと議論に臨みたい」と決意を述べました。また、「沖縄県民は、知事選挙や県民投票で辺野古の新基地建設には反対だと民意を明確に示してきた。土砂の問題など深刻な状況になっている。みんなで沖縄に寄り添ってがんばろう」と連帯を呼びかけました。

20190419_183746_01.JPG