福山哲郎幹事長は18日夜、都内で開かれた「原発ゼロ基本法案の早期審議入りを目指す市民のつどい」(さようなら原発1000万人アクション実行委員会・原発をなくす全国連絡会・原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟主催)に出席し、出席者の皆さんにあいさつと報告を行いました。

 この中で福山幹事長は、衆院経済産業委員会で与党側の抵抗により審議に入れない原発ゼロ基本法案について、世論の力で審議入りへ押していくことの重要性を強調し、「参議議員選挙で原発を無くすのだという声を上げ、その勢いで原発ゼロ法案で参院から出し直す」ことも含めて、いろいろな可能性を探っていくとの考えを示しました。

 そして、野党で協力して「大きな柱の一つとして原発を無くすという一致した認識の中でたたかっていく」との決意を示し、来る参院選の重要性をあらためて指摘しました。そして、立憲民主党が選挙区や比例区で、さまざまな物語をもって原発ゼロを掲げてたたかう人がいることを紹介。原発ゼロ法案は審議に入ることが目的ではなく、成立させて実現させていくことこそが大事だとして、参院選に全力を尽くすと述べ、あいさつを締めくくりました。

 なお、この集会には立憲民主党会派から、菅直人、近藤昭一、田嶋要、山崎誠、福島みずほ各議員も参加しました。

DSC09068fukuyama.jpg