2020年9月15日の結党大会をへて、
新しい立憲民主党へと生まれ変わりました。
新しい立憲民主党のサイトはこちらからご覧ください。

https://newparty.cdp-japan.jp/

9月15日、ここからが新しいスタート

ニュース

2019年8月27日

【両院議員総会】国民民主と衆参両院で会派をともにする件について了承

このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党は27日、両院議員総会を開催し、国民民主党と衆参両院で会派をともにする件について了承しました。

 冒頭、枝野幸男代表はこれまでの経緯説明があり、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」から現段階で結論が出でおらず、もう少し相談したい、社民党から参院では引き続き一緒にやっていき、衆院については別々にやっていく、国民民主党からは衆参両院で会派をともにするとの回答があったと報告しました。

 その上で「経験とさまざまな能力のある多くの仲間に加わっていただき、戦力アップして戦っていくことは、国民の期待に応え、行政監視の機能を発揮し、さらには次の総選挙で有権者の皆さんのご期待と信頼を受け止める上でも大きな意味を持つ」と理解を求めました。

 終了後、記者団の取材に応じた福山哲郎幹事長は、総会の中で、立憲民主党の政策理念、特に原発、立憲主義、安保法制の問題、辺野古等について立憲民主党がこれまで積み上げてきて、国民に訴えてきたものについて、玉虫色のような状況はないように対応をお願いしたいという意見があったことを明かしました。それに対しては、「立憲主義の回復や憲法に関する考え方や原発ゼロ等について理解・協力をいただく。党が違うので政策は何ら変更するつもりはない。ただ会派の中での法案対応等については協議していかなければならない」と説明した旨、報告しました。

 また、無所属フォーラムの議員からは、会派が大きくなるにあたり自分たちの意見も取り入れて欲しいという発言があったと明かしました。