立憲民主党は30日、国会内で2019立憲民主党定期大会を開催。党所属の国会議員、衆参総支部長、党の地域組織である都道府県連合選出の代議員ら約300人が集まり、年間活動計画案(年間活動方針)と本部予算案を了承しました。

 佐々木隆博大会実行委員長は開会の宣言に続き、西村智奈美衆院議員を大会議長に推薦、拍手で了承されました。

20190930_133932_rere.jpg
佐々木大会実行委員長
20190930_143538_rere.jpg
西村智奈美大会議長

あいさつ(枝野幸男代表)

 続いて枝野代表はあいさつのなかで、「肌身で感じるのは、政治への失望だ」と述べ、有権者は意識的、無意識的にかかわらず新しい政治を求めているにもかかわらず、政治が根本的な変化を起こせていないためにその期待は放置されたままだと指摘。「立憲民主党は、平成最後の総選挙で、国民有権者の皆さんに背中を押されて誕生した。結党から2年の節目を迎えたわたしたちの使命は、この政治への失望を克服し、政治を変える、つまりは政権交代への本格的な準備を進めることだ。これまで以上に、あるべき社会のビジョンを大胆かつ明確に示し、多様な国民の声をダイナミックに反映する『ボトムアップの政治』へ、ともに進んでいきたい」と力を込めました。

 その上で、立憲民主党の目指す社会をひと言で表現するなら「互いに支え合い、豊かさを分かち合い、多様性を誇りとする社会」だとして、「年金や福祉などのセイフティ・ネットを強化すること。賃金をアップさせ、国民の暮らしを守ること。選択的夫婦別姓や同性婚を実現し、多様性な個人の可能性を引き出すこと。国民の多くが望んでいる原発ゼロに向けた現実的なステップを踏み出すこと。これは単にわれわれが考える社会ビジョンということを超えて、現在の、そしてこれからの日本にとって必要なビジョンである、と確信している」「次世代の日本社会のビジョンを示しつつ、国民との対話を通じて、ともに新たな社会への転換を成し遂げること。それが立憲民主党の使命だ。『まっとうな政治』によって『まっとうな社会』を取り戻すというもう一つの選択肢を高く掲げ、次の総選挙での政権交代を実現すべく、すべての活動を進めていく」と述べました。

 枝野代表はまた、この2年間を振り返り、「よちよち歩きのベンチャー政党という現実と、次期総選挙で政権交代を実現するという、背負っている役割との間に大きなギャップが存在し、その矛盾に苦慮してきたことを否定できない。もはやギャップに苦慮している猶予はない。現実とミッションとの間にギャップがあるならば、あらゆる知恵を絞って現実の方を前進させる決意だ。こうしたギャップを埋めるには、結党以来背中を押してくださっている国民有権者の声に真摯(しんし)に向き合い、地道な研鑽を積んでいく他ないと考えている」と表明。「意欲を持っていただいているパートナーズの皆さんの声や力を、さらに十分に受け止めることができるよう、党員制度との関係整理を含めて、各地での経験や意見も踏まえ、ともに立憲民主党を前へと進めていくことができればと考えている。すべての取り組みを政権交代への準備として位置づけ、パートナーズを始めとした国民有権者の皆さんとの対話を進めていく」と誓いました。

 最後に、「『政治は時間の関数』だ。私たちの事情で時代は待ってくれない。私自身が先頭に立ち、次の総選挙で政権選択の選択肢となるべく全力を尽くしていく。立憲民主党は、野党各党で署名した『政策に対する市民連合の要望書』に基づき、他野党との選挙協力を今後も強力に進めていく。未曾有の時代の変化を迎えている今の日本に必要な政治状況を作り出すため、最大野党にふさわしいリーダーシップを発揮して、具体的な政策とプランを準備し、自公政権に代わる選択肢として力強く前へと進んでいく」と述べた枝野代表は、「パートナーズ、国民の皆さん。これまで以上に、わたしには、あなたの力が必要です。右でも左でもなく、前へ。ともに進んでまいりましょう」と締めくくりました。

20190930_135021_01_re33.jpg

ご来賓より(日本労働組合総連合会会長・神津里季生様)

 神津会長はあいさつで、参院選挙について「今回の選挙は自公議席減らしたとはいえ参院で過半数の勢力を占めることとなった。しかし、自公が勝ったというよりは一強政治はよくないという有権者はかなりの規模で漂っていると思う。その期待を結果としてまとめきれなかったことはこの結果の大きな要因だと直視をしておかなければならない」と指摘。

 その上で、3党1会派の共同会派について、「この足元の政治状況のなかこの共同会派の責任は極めて重たいものがある」「有権者の思いとつながっていくような心に響く実績を積み重ねていただくことを心より期待を申し上げる。そして、あくまでも会派としての一つのスタートであって、引き続き政党間におけるお互いの立場を尊重して丁寧に物事を進めていただくよう求めておきたい」と語りました。

 また、「連合の目的はあくまでも政策実現。政治活動はそのための不可欠な手段だ。連合がその目的を追求する限り、政治活動の手を緩めることはないし、たとえ政局がどのような状況にあったとしても連合はその目的に向けてぶれずに邁進していく。そのために、昨年政策実現のプラットフォームとしての『連合フォーラム』を設立したところだ。(来月の定期大会で提起し確認する)運動方針案には、理念や目指す社会像、基本政策の方向性を共有できる政党、政治家と結び合っていくと記載している。緊張感ある政治体制と健全な民主主義の実現のためには二大政党的運営が目指されるべきとの観点も普遍である。今回、共同会派の結成も決まった。その行方を見守りつつ、国民の期待に応え得る政治の実現に向けて連合としても力を尽くしていく」と述べました。

20190930_140908_rere.jpg
神津連合会長
20190930_190930_0041.jpg
来賓の2党1会派の代表者と

年間活動計画(年間活動方針)と本部予算案について(福山哲郎幹事長)

福山哲郎幹事長から、年間活動計画(年間活動方針)について下記の項目を説明し、その後、本部決算と予算案について説明、了承されました。また、10月3日は3回目の結党の日であり、臨時国会開会の前日となるので、有楽町で街頭演説を行うことを発表しました。

1.基本方針
 ○野党第一党としての選挙対策
 ○次期総選挙に向けた政策活動
 ○共同会派による国会対策
 ○政権構想の検討に関する代表直属チームの設置

2.「草の根の力―つながる・よりそう・つたえる―」
 (1)都道府県連組織強化及び地方自治体議員ネットワークとの連携
 (2)パートナーズ制度の定着及び活動展開・改善
 (3)若者・青年対策
 (4)「つながる本部」の取り組み強化
 (5)広報専門チームの検討
 (6)ジェンダー平等推進本部の取り組み
 (7)財政基盤の強化

3.「野党第一党としての政策力・論戦力・連携力」
 (1)ボトムアップ型政策づくり
 (2)立憲ビジョン2019の再点検作業
 (3)政策コミュニケーション
 (4)国会対策
 (5)交流・連携の多様なチャンネルの強化
 (6)政党外交

4.選挙対策
 (1)次期衆院総選挙に向けた選挙対策の強化
 (2)「女性候補者擁立プラン」

20190930_141650_01_rere.jpg

閉会にあたり(鎌田さゆり衆院宮城2区総支部長)(全文)

  10月3日で結党2周年を迎える立憲民主党です。いまこそ私たちは、なぜ立憲民主党に国民が大きな期待を寄せたのかを思い出し、心に刻むべき時だと思います。
 私たちが刻むべきものは、貧困と格差の連鎖を食い止める力になる政党になる、武器と暴力に頼らない、平和友好外交を成し遂げられる政党になる、憲法改悪を阻止する力になる、どこに生まれても学び、働く権利を守る力になる、女性議員を本気で増やす政党になる、そして、立憲民主主義を守る力となる、政権交代を成しうる力になる、この期待に応えなければならない責務が私たちにはあります。
 そして最も重要なことは、手塩にかけて愛し育てた日本の大地と海の恵みを海外に安売りはしない。これらを守ってこそ私たちは期待に応えられる政党にさらに成長できると思っています。
 私たちのスタンスは明確であります。(議員)バッジを目的とはしません。横暴で乱暴な権力者をくじき、弱き立場に立つ人に手を差し伸べられる政治を実現するための手段と私たちは捉えています。いたずらに保守を名乗る政党とは違います。
 そして立憲民主党は全国の地方議員の皆さんとパートナーズの皆さんによって支えられています。党はそれぞれの地方で仲間を増やすことに毎日汗を流している人、仲間、パートナーズの皆さんに是非これからも支援をしてください。
 宮城では、女川原発の再稼働と水道事業の民営化、これを争点とする県議選の告示を17日後に控えています。公認推薦候補は合わせて10名。中には8人の子どものお母ちゃん、看護師を20年続けてきた女性を擁立しています。是非皆さん、応援してください。
 全国の仲間の皆さん、私たちは必ず、政権交代を成し遂げられる政党に成長できる。そして力を合わせて安倍政権を打倒し、国民の皆さんの笑顔を取り戻すための政党に発展できることをお互いに誓いあおうじゃないですか。立憲民主党の仲間をさらに増やしていくことをお互いに誓いあい本大会の締めのあいさつとさせていただきます。

20190930_144002_04_rere.jpg
鎌田衆院宮城2区総支部長

2019立憲民主党年間活動方針.pdf