安住淳国会対策委員長は18日午前、与野党国会対策委員長会談に出席。会談終了後、同席した国民民主党の原口一博国対委員長とともに記者団の取材に応じました。

 会談では、(1)日米貿易協定(2)関西電力の金品受領問題(3)参院予算委員会の森ゆうこ議員の質問通告漏洩問題――等について話がされました。

 日米貿易協定については、本会議に安倍総理が出席し審議入りすることで合意しました。さらに、外務委員会を中心にスタートしますが農林水産や自動車も含め多岐にわたることから連合審査が必要だと指摘すると、「検討する」との回答だったと話しました。

 関電金品受領問題については、集中審議を要求していますが、自民党の森山国対委員長から「引き続き、われわれの方で少し汗をかかせてくれ」との話があったと説明しました。

 質問通告漏洩問題については、原口国対委員長から「政府との質疑の信頼関係を壊すものであり、とても看過できない。自民党と私たちとが戦うという話ではなく、国会そのものの議員の発言権に関わることなので、事実の解明と今後の持ち方について協力をお願いしたい」と要請、自民・森山国対委員長から「こういうものが外部に漏れることは原則として非常に問題である。そこは原則論として一致できる」との話があり、その上で今回の件については「自分たちも関心を持って精査をさせてください」との話があったと説明しました。

 さらに安住委員長から「各委員会でこの問題を指摘させていただきたい。当事者の森議員や参院予算委員会できちんと内閣府側とのやりとりで今後の再発防止を確認させてもらうまで、審議日程に影響は出ないが、質問通告について昨日出した声明文の通りせざるを得ないので、それをご理解ください」と伝えたと話しました。

 記者から、菅原一秀経済産業大臣の疑惑について話が出たかとの質問には、出なかったと説明。一方で委員会の大臣所信表明で経済産業委員会の足が重いことも指摘し「予定通りちゃんとやってほしい」と伝えたと明かしました。

2.jpg