北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)などが13日、国際セミナー「膠着状況が続く朝鮮半島情勢の下で拉致被害者救出を考える」を国会内で開催し、立憲民主党からは西村智奈美・拉致問題対策本部副本部長が連帯のあいさつをしました。

 主催者を代表してあいさつした飯塚繁雄さんは、「被害者をなんとか助けようとする方々の活動があってこそ、啓発活動が続いている。これからどれだけかかるかわからないが、国民の支持がなければ今後打つ手はない。家族会も年をとり、つらい思いをしている方もいる。いい状態のうちに家族と会えるよう、なんとか期待したい」と、さらなる支持を呼びかけました。

IMG_3755.JPG

 西村議員は、「わが国政府が拉致問題を最重要課題として取り組んでいることに対し、与野党関係なく、一日も早い解決に向けて一緒に力を尽くしていく。日本の外交努力と国際社会の後押しにより、北朝鮮の考え方を変えていただければならない」と言葉を強めました。さらに、自分は横田めぐみさんが拉致された新潟からの選出議員であることに触れ、「横田めぐみさんの同級生が毎年開いているコンサートが、明日、地元で行われる。『おかえりなさい』という気持ちをこめ、毎年観客席に横田めぐみさんの席があるが、まだ出席いただけていない。こんなに膠着状態が続き、被害者のご家族は本当に切ないと思う。私たちも、ここにご参会の皆さんと力を合わせ、解決のためにあらゆる努力を重ねたい」と語りました。

 この日は、タイ人拉致被害者アノーチャ―・パンチョイさんの甥であるバンジョン・パンチョイさんも発言したほか、米国議会議員からも多数のビデオメッセージが寄せられました。

IMG_3763.JPG