第201回通常国会が召集された20日昼、市民団体主催の議員会館前行動が行われ、立憲民主党を代表して熊谷裕人参院議員があいさつしました。主催者の戦争させない!9条壊すな!総がかり行動実行委員会の高田健さんは「国会召集日に毎回、私たち市民がこの国会に何を要求するか、主権者として国会に声を届けようと集会を開催してきた。いま中東に自衛隊が向かっている。百歩譲っても、今までは憲法違反だという私たちの批判があって、特措法という形で時間も場所も限定して派遣してきた。今回はどうか。4大臣会合、NSCで決めて、国会閉会中に閣議で決めた。こんなでたらめな違憲・脱法行為を認めるわけにはいかない。調査研究などとふざけたことを言うが、なぜアメリカの閣僚が一緒にやろうというのか。有志連合に自衛隊がぴったりとくっついて事実上の共同行動をやる。いまにも戦火をまじえようという中東に日本の自衛隊がいくことは絶対に許せない。日本の自衛隊は中東に出撃基地を持っている。安倍総理は今回の中東訪問で新たにアラブ首長国連邦とオマーンに拠点を作ることを確認してきた。中東にさらに自衛隊の拠点を作り、米軍と一体になって軍事的な行動をしようとしている。安倍総理はさらに、年頭から私の手で憲法を変えると言っている。来年9月が総裁任期だ。今回の国会で安倍再選を阻止することが重要だ。私たちは改憲発議阻止の全国署名運動に全力をあげる。改憲阻止にとって今年はまさに正念場の正念場だ。国会議員と連帯して闘い抜こう」と決意を語りました。

開会日2.JPG

 熊谷議員は「安倍総理は今国会で改憲に手をつけたいという。野党と市民がが協力して安倍総理を退陣に追い込み、改憲を阻止しよう。モリカケや桜を見る会問題で、公務員はみんな嘘をつくと思われて悔しいと、地方公務員は泣いている。公文書管理は公務員として当たり前、破棄や改ざんは絶対にやらない。それでは公務員としてやっていけないし、憲法を守れない。憲法解釈を変えればなんでもできるという安倍政権の暴走を止めなければいけない。会期延長ができないこの国会の150日間、徹底して政府を追及していく。解散・総選挙となれば政権交代を実現するために、さらに市民の皆さんの後押しをお願いしたい」と訴えました。集会には柚木道義衆院議員、岸真紀子参院議員も参加しました。

開会日3.JPG
開会日0.JPG