ニュース

2020年3月3日

検査の円滑かつ迅速な実施へ『新型コロナウイルス検査拡充法案』を共同会派「立国社」と共産で提出

このエントリーをはてなブックマークに追加

 共同会派「立憲民主党・国民・社保・無所属フォーラム」(立国社)と共産党は3日夕、「新型コロナウイルス感染症検査の円滑かつ迅速な実施の促進に関する法律案」(通称:新型コロナウイルス検査拡充法案)を衆院に提出しました。

 同法案は、国民の不安を解消し、国内における新型コロナウイルスの拡散を防止するため、検査の円滑かつ迅速な実施を促進し、国民の生命及び健康を保護することを目的として、(1)政府の検査体制の検証(2)PCR検査の最大限の拡充(3)必要な予算措置の確保――の措置を講じるためのものです。

 国や都道府県などは、行政検査の実施体制の整備を行うとともに、民間機関などに対して支援を行うものとし、さらに検査結果は国民に見える形で公表することとしました。さらに医師が検査を必要と判断した場合、医師の意見を尊重し迅速に検査の実施をすることを盛り込みました。

 提出後、記者団の取材に応じた小川淳也議員は、同日開催された衆院厚生労働委員会理事懇談会で、この法案の審議を速やかに行うよう求めたと報告しました。

【法案】新型コロナウイルス検査拡充法案.pdf
【新旧】新型コロナウイルス検査拡充法案.pdf