2020年9月15日の結党大会をへて、
新しい立憲民主党へと生まれ変わりました。
新しい立憲民主党のサイトはこちらからご覧ください。

https://newparty.cdp-japan.jp/

9月15日、ここからが新しいスタート

ニュース

2020年3月17日

衆院静岡4区補欠選挙野党統一候補擁立を発表しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党は17日、国民民主党、日本共産党、社会保障を立て直す国民会議、社会民主党、市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)と共同で記者会見を国会内で開き、衆院静岡4区補欠選挙(4月14日告示、26日投開票)において、無所属で立候補を表明をしている田中健氏を野党統一候補として支援することを発表しました。共産党は予定していた候補の擁立を見送りました。

 会見の冒頭、4党1会派の幹事長・書記局長と市民連合、田中氏は、14項目からなる政策確認文書に署名しました。

 福山哲郎幹事長は、「それぞれの政党、市民連合に大きなご協力を賜りました。立憲民主党としても静岡4区に田中健さんを擁立できることを大変歓迎したいと思います。これから県連での推薦を決め、必勝に向けて体制を整えていきたいと考えております。それぞれの立場でご尽力いただいた皆さまに御礼を申し上げ、田中さんには奮闘していただきい」と述べました。

S__9855024.jpg

 衆院静岡4区補欠選挙野党統一候補に決まった田中氏は、「安倍政権と与党の長期政権による歪みやたるみに対し、野党が統一してその流れを止める、また流れを変えていくという思いで活動してきました。そんななか、今日お集りの各党会派、市民連合の皆さまにご尽力いただき、今日この日を迎え、感謝の言葉しかありません。これからは(無所属の)私一人の戦いではありません。静岡から日本を変える、大きな戦いです。大変苦しい戦いではありますが、厳しいからこそこのように多くの仲間、多くの支援が集まったと思います。必ず結果を出せるよう、全力で頑張ります」と決意を表明しました。