子どもと子どもにかかわる大人へ

――学校(がっこう)はいつ再開(さいかい)するの?
――ゲームやスマホが手放せない。
――家(いえ)にいるのがつらい

なやみごとは、相談(そうだん)してください。

<5月26日 更新>

〇日本小児科医会「2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!」
https://www.jpa-web.org/dcms_media/other/2saimimann_20200525.pdf

〇農林⽔産省では、今般の新型コロナウイルスの感染拡⼤を背景に、新たに、⼦ども⾷堂等に対しても、政府備蓄⽶を無償交付します。
https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/b_taisaku/200526.html

■相談(そうだん)先

○自分が虐待(ぎゃくたい)をうけていると思ったら
 何も悪(わる)くないのに日常的に殴(なぐ)られたり、きょうだいの間でひどい差別(さべつ)があったり、食事(しょくじ)をさせてもらえなかったり、ふるえが止まらないほどくりかえし叱(しか)られたり、お父さん、お母さんから性的(せいてき)ないたずらや関(かん)係(けい)を強(し)いられたりしていませんか? たとえ殴られなくても、体に傷(きず)がつかなくても、心がつらかったら、電話をかけてみてください。(オレンジリボン運動ホームページから)

189 電話(でんわ)料金(りょうきん)は無料(むりょう)です
0570-783-189(なやみ・いちはやく)

○18さいまでの子どもがかけるでんわ チャイルドライン
0120-99-7777 https://childline.or.jp/tel
チャット https://childline.or.jp/chat

○心がおちこむとき、くらい気持ちがつづくとき
LINE・チャット相談(そうだん)一覧(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000199724.html

いのちの電話 0570-783-556
いのちの電話(メール) https://www.inochinodenwa.org/soudan.php

○中高世代を中心とする10代女性向けの相談窓口
「Colabo」 https://colabo-official.net/

○10代20代の女性のための電話・メール・LINE相談
「特定非営利活動法人 BONDプロジェクト」 https://bondproject.jp/about.html

■子どもの学び

〇農林水産省子どものためのコーナー
https://www.maff.go.jp/j/kids/index.html

○文部科学省子供の学び応援サイト
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm

〇経済産業省
#学びをとめない未来の教室 https://www.learning-innovation.go.jp/covid_19/

○NHKおうちでまなぼう
https://www.nhk.or.jp/school/ouchi/?cid=dchk-commonheader

○ReseMom Editors' Choice 休校支援
https://resemom.jp/special/1794/recent/ReseMom+Editors'+Choice+休校支援

子どもにかかわる大人へ

――生活が不安で子どもにあたってしまう
――子どもの泣き声がきこえる
――子どもが休校になり仕事に行かれない

■相談窓口
○子育てに悩む親御さんへ
189 電話相談は無料です

○児童虐待かなと思ったら
189 無料電話です

○全国の児童相談所の一覧
PC用 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/zisouichiran.html
携帯用 https://www.mhlw.go.jp/mobile/m/jidousoudan/

○お住まいの市区町村の子ども家庭総合支援課などで育児相談ができます。

■子どもの一斉休校のために保護者が仕事を休む場合
○厚生労働省 「小学校休業等対応助成金」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

○厚生労働省 「自営業やフリーランスの場合」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

■関係情報
○日本小児学会「子どもをみまもるすべての方に情報提供、メッセージ」
https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=333

○文部科学省「学校再開等に関するQ&A」
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/mext_00003.html

■立憲民主党の動き<5月16日 更新>
〇5月4日、立憲民主党の枝野幸男代表と党の子ども・子育てプロジェクトチーム事務局長の早稲田夕季衆院議員、山本まさの埼玉県議会議員が、署名活動メンバーたちと認可外保育園の運営者たちから、オンラインでヒアリングを行い、現状をこのまま放っておけば、保護者も保育園も共倒れになり、子どもたちが行き場を失ってしまう危険性が見えてきました。
https://cdp-japan.jp/report/20200508_2932

〇4月29日、立憲民主党の枝野幸男代表と、党の子ども・子育てプロジェクトチーム事務局長の岡本あき子衆院議員が、NPO法人で私立保育園を運営している東京都練馬区の白石恵子区議と愛知県にある公立保育園勤務の保育士さん、私立保育園園長、名城大学の蓑輪明子准教授(女性労働論)から、オンラインで保育現場の実情を聞きました。
https://cdp-japan.jp/report/20200503_2922

〇4月17日、2月末に突然の休校要請に伴い子どもたちが在宅で過ごすことになり、親たちはその対応に追われました。この間、東京都内で自身も子育て中の立憲民主党の区・市議会議員が、子育て層へのヒアリングを重ね、課題をまとめ上げ、その結果を枝野幸男代表と党子ども・子育てプロジェクトチーム事務局長の早稲田ゆき衆院議員が、オンラインでヒアリング。区・市議会議員だけでなく、出産を間近に控えたご夫婦、保育園運営者にも参加してもらい、現場の声を聞きました。
https://cdp-japan.jp/report/20200419_2855

○コロナ対策に子どもの貧困の視点を―子ども・子育てPT
(1)児童手当と児童扶養手当に3万円の上乗せ(子どもの昼食代を3カ月分3万円とみなす)
(2)子どものオンライン授業も含めた在宅学習 の支援の充実
(3)高校生・大学生の進路確保のためにアルバイト代減収も視野にいれた緊急対策
(4)休校中の子どもの昼食保障や低所得家庭向けの学習支援の拡充と自治体財政支援
(5)医療的ケア児、DV・虐待などのハイリスク児童、障がい児等への手厚い支援と児童養護施設など関係施設への支援
https://cdp-japan.jp/news/20200407_2816

○日教組がコロナ感染症対策における緊急要請
https://cdp-japan.jp/news/20200403_2804

○子ども・子育PT/障がい者・難病PT合同会議 学校の一斉臨時休業に関する緊急要望等についてヒアリング
https://cdp-japan.jp/news/20200318_2735

○政府の緊急対応策(第2弾)「学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応」についてヒアリング 共同会派文科部会
https://cdp-japan.jp/news/20200316_2726