ニュース

2020年6月24日

移動制限解除後の対応について

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月23日

立憲民主党関係各位

移動制限解除後の対応について

立憲民主党幹事長
福山哲郎

 政府は6月18日に政府対策本部を開催し、6月19日から社会経済活動のレベルをもう一段引き上げることを確認した。具体的には、都道府県をまたぐ移動についての制限を解除するとともに、一定の人数や収容率の下で、コンサート等のイベントを開催も可能とした。またこれまで休業を要請してきた一定業種についても、ガイドラインを守ることを前提に休業要請を撤廃した。同時に、新しい生活様式の定着と、3密回避を始めとする感染防止策の徹底を要請している。

 以上の状況を踏まえ、これまで感染拡大を予防するために継続してきた立憲民主党内での首都圏4都県と北海道における従来の要請を解除する。
各都道府県においては、感染拡大を予防するために、今後とも引き続き「3密」な場所への外出を控えるとともに、「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」等の感染拡大予防の徹底を要請する。

 集会開催等にあたっては、政府および各都道府県知事の感染症予防対策や感染拡大予防ガイドライン等を踏まえ、上記感染予防を遵守したうえで対応する。また街頭活動についても、飛沫感染の防止や人と人との距離の確保、地域住民感情等に充分配慮して対応することとする。