ニュース

2020年7月2日

東京で新たに100人以上の感染が確認、政府・国としての対応を早急に示すよう求める 石橋・厚労委筆頭理事

このエントリーをはてなブックマークに追加

 参院厚生労働委員会で閉会中審査が行われた2日、石橋通宏筆頭理事は共同会派で質問に立った議員とともに記者団の取材に応じました(写真上は、左から田島議員、石橋理事、芳賀議員、福島議員)。

 石橋議員は、東京で新たに100人以上の感染が確認されたことを受け、「こういう状況に鑑みても、医療体制などさまざまな状況について、厚生労働委員会でしっかり議論を重ねていかなければいけない」と語り、与野党で合意した毎週持ち回りでコロナ関連の委員会を開催することとは別に、厚生労働委員会を開催するよう与党に引き続き求めていく考えを強調しました。

 また同日の質疑を振り返り、東京都が新たな指標に数値目標がないことについて「都知事選のさなかであることから、勘ぐるわけではないが」と前置きした上で、「これだけの状況であるにもかかわらず、科学的根拠、医学的根拠をもって、都民の皆さん、心配していただいている皆さんに、はっきり分かる形で指標を示していかなければならない」「だからこその専門家会議」と指摘。

 「政府・国としてどう対応するのか早急に示さなければ、首都圏だけではなく、国内の移動制限がない状況では全国に展開し、第2波第3波と大変な状況になりかねない」と危惧しました。

関連議員

関連議員