ニュース

2020年7月5日

【談話】東京都知事選挙の結果を受けて

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年7月5日

【談話】東京都知事選挙の結果を受けて

立憲民主党選挙対策委員長 長妻昭

 本日、東京都知事選挙において、市民とともに立憲民主党、日本共産党、社会民主党などが支援した宇都宮けんじ候補は、残念ながら当選には至りませんでした。ご支援いただいた東京都民の皆さま、全国の皆さまに、御礼を申し上げるとともに、支援した政党として、力が及ばなかったことを深くお詫びいたします。

 この都知事選挙は、「東京大改革」を掲げて運営された1期4年の小池都政への評価、とりわけ新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するなかで都民の命や暮らし、そして日々の仕事をどのように守ってきたかが問われました。

 今回のコロナ感染症の拡大は、私たちを取り巻く社会の脆さが露わになりました。宇都宮けんじ候補は、危機に強いしなやかな社会を作り上げるために、過度な自己責任論を排し、支え合う社会の実現を訴えてまいりました。宇都宮けんじ候補への支持は、都政の転換を望む声が決して小さくないことを示しました。

 立憲民主党は、敗因を分析した上で、今回の都知事選挙で培った、市民と野党各党との協力体制を財産として「お互い様に支え合う社会」の実現のため、来るべき総選挙に備えてまいります。