2020年9月15日の結党大会をへて、
新しい立憲民主党へと生まれ変わりました。
新しい立憲民主党のサイトはこちらからご覧ください。

https://newparty.cdp-japan.jp/

9月15日、ここからが新しいスタート

ニュース

2020年8月15日

戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会で近藤衆院議員が誓いの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1945年の敗戦から75周年を迎えた8月15日昼、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑で市民団体主催の「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」が開催され、近藤昭一衆院議員が立憲民主党を代表して誓いの言葉を述べ献花しました。主催者あいさつでフォーラム平和・人権・環境の藤本泰成共同代表は「私たちは忘れてはなりません。1945年8月15日の前に何があったか、そしてその後どうであったかを。敵基地攻撃が議論され、専守防衛の枠組みが崩され、航空母艦や巡行ミサイル配備が現実化する中にあって、私たちは今日この日を忘れてはならないのです。千鳥ケ淵に眠るすべての皆さんにそのことをお誓いし、日本の平和に全力を尽くすことをお誓いします」と訴えました。

藤本_rsz.JPG

 近藤議員は「終戦から75年という長い月日が流れ、戦争の記憶が国民の中で薄れていく中で、戦争の悲劇が忘れ去られるようなことがあってはならない。私たちには戦争の記憶を語り継ぎ、平和の尊さを次世代に伝えていく義務がある。安倍政権は、憲法解釈変更による歯止めなき集団的自衛権の容認や、憲法改悪の動き、防衛費の際限なき膨張、先制攻撃と受け取られかねない敵基地攻撃能力の保有の検討等、戦後のわが国が育んできた立憲主義、平和主義を脅かす動きを強めており、こうした動きは断じて容認できない。立憲民主党は、国際協調と専守防衛を貫き、改めて国際社会の平和と繁栄に貢献する決意を新たに、国際社会の平和と繁栄に貢献していく」と決意を表明しました。集会には阿部知子衆院議員も参列し、挨拶と献花を行いました。

近藤1_rsz.JPG
阿部3_rsz.JPG
全体1_rsz.JPG
全体2_rsz.JPG
全体5_rsz.JPG
全体4_rsz.JPG