2020年9月15日の結党大会をへて、
新しい立憲民主党へと生まれ変わりました。
新しい立憲民主党のサイトはこちらからご覧ください。

https://newparty.cdp-japan.jp/

9月15日、ここからが新しいスタート

ニュース

2020年8月24日

立憲、国民、衆院会派「社保」、無所属フォーラムで新党結党に合意。新党の規約、代表選出・党名決定規程も確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主、国民民主、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、無所属フォーラムの2党2グループの幹事長は24日、国会内で会談し新党綱領案に賛同し、新党を結党することに合意。あわせて新党規約案、新党代表選出・党名決定規程案を確認しました。立憲民主党からは福山哲郎幹事長が出席しました。今後、4者で協議を進め、代表選挙の日程などを決めていく予定です。

 会談後、記者団の取材に応じた福山幹事長は、結党の時期について問われると、「いたずらに時間を要しても良くありませんので、もともと申し上げている通り、上旬から中旬にかけて何とか結党できれば」と答えました。

 元衆院副議長の渡部恒三氏のご逝去を受けコメントを求められると、当時の民主党若手議員を食事に誘い、「自民党政治から2大政党でなんとかしなければいけないという思い」を会津弁でユーモアを交え、しかし政治の本質についての話を何度も伺ったと振り返りました。また原発事故後、しばらく経った後、「『福島のことを頼むよ』『守ってくれよ』と心を込めながら私のような若造に言われたことをいまだに思い出す」と語りました。そして「恒三先生の思いを受け止めて、2大政党のしっかりとした一翼になれるような新しい新党を作っていかなければいけない」と決意を述べました。

【会談で合意した文書】
基本合意書_200824.pdf
【基本合意】新党綱領_200824.pdf
【基本合意】新党規約_200824.pdf
【基本合意】新党設立にあたっての代表及び党名選挙規程_200824.pdf

関連議員

関連議員