• Twitter
  • Facebook

2017年11月6日(月)

「国民に対し、しっかりとした説明を求める」米首脳会談を受け福山幹事長

福山哲郎幹事長は6日夕、安倍総理とトランプ大統領との日米首脳会談を受け、国会内で記者団の取材に応じました。

福山幹事長は、「日米関係の重要性や北朝鮮情勢がこれだけ緊迫しているなかで日米両国の首脳が緊密な話し合いをされたことは率直に評価したい。有意義な話し合いがされたと期待したい」とコメント。北朝鮮情勢をめぐっては、「圧力を高めることは一定の評価をするが、武力行使のオプションを避けて圧力を高めることが対話につながるものだと期待したい。いずれにせよ共同記者会見だけでは詳細は分からないので、安倍総理には日米首脳会談について国会で国民に対ししっかりと説明するよう求めていきたい。トランプ大統領はこれからアジアを訪問され、特に韓国や中国での言等についてはわれわれとしても注視をしていきたい」と述べました。

関連して、安倍総理が記者会見で北朝鮮の35団体・個人の資産凍結を7日に決定すると発表したことについて、「資産凍結は重要なオプションであり、その有効性については注視をしていくが、そのこと自体は評価をしたい」との見解を示しました。

 

一方でトランプ大統領が「日本市場は不公正だ」と発言し対日貿易赤字について言及したことには、「私どもは、日本の市場は透明性の高いものだと考えているので承服しかねるものだ。アメリカから貿易についてどのような要求がなされたのかは日本の経済にとって大変重要なことであり、安倍総理にはしっかりと国民の皆さんに説明してもらいたい」と指摘。加えて、トランプ大統領が共同記者会見で「大量の防衛装備をアメリカから買うべき」と発言していることには、「詳細は明らかではなく、安倍政権になって防衛費はどんどん膨れ上がる中、価格とその有効性も含め、しっかりとチェックをしていきたい」と述べました。

 

拉致被害者のご家族、被害者の曽我ひとみさんとトランプ大統領の面会が行われたことについては、「率直に良かったと考える」と述べました。

このニュースをシェアする

TOP