立憲パートナーズ

立憲パートナーズあなたと政治の新しいプラットフォーム

立憲パートナーズ始動

これまで日本の政党は、 どこか政治家と国民との間に壁をつくってきました。 「立憲パートナーズ」は、「党員」や「サポーター」 といった政党の応援団ではありません。 政治家と国民は、民主主義を前に進める 対等なパートナーであるべき。

「民主主義は市民の主体的な参加によって成り立つ」 という理念を実現していくためのチャレンジこそ、 立憲民主党の使命です。

立憲パートナーズとは、 このチャレンジを担う国民と政治家によるプロジェクトです。 国民と政治家がパートナーシップを結び、 立憲民主党が実現するべき社会に向かって ともに議論し、行動するネットワークでもあります。

まずは、あなたの声を聞かせてください。

ボトムアップの政治はあなたから始まります。

あなたと政治の新しいプラットフォームJOIN THE PLATFORM

あなたの声を聞かせてください。

日々の生活の中で不安に思うこと、困っていること、政治につながるか分からないけれど、まずは、地域でのタウンミーティングや立憲カフェで議員や候補者に聞かせてください。 タウンミーティングに参加できない方たちの声はもちろん、党の政策や法案についてのパブリックコメントをオンラインでも集めます。 ※オンラインプラットフォームは準備中です。


あなたの声を形にします。

タウンミーティングや勉強会、ワークショップ、ネットでの発信など、議会の外でのアクションにもパートナーズの皆さんと取り組みます。 さらに、身近にある課題を解決していくために、すぐにある制度をより良いものにするために、議会に提出する法案や条例を作るプロセスにも参加してください。小さなアクションを積み重ねることが社会の変革につながります。

【具体例】みんなでつくるプロジェクト

原発ゼロ基本法案

2018年1月に立憲民主党がまとめた『原発ゼロ基本法案』の骨子案をもとに、オンラインでのパブリックコメントを募集し、1月~3月にかけて原発ゼロ基本法案タウンミーティングを全国17ヶ所で開催し、約2000人が参加しました。

タウンミーティングでは、世界における原発の現状を紹介し、立憲民主党の『原発ゼロ基本法案』を紹介しました。また、NGOや市民団体との意見交換をしたり、参加者とのワークショップを通して私たちにできることを議論しました。全国でのタウンミーティング終了後、パブリックコメントやタウンミーティング参加者からの意見を法案に反映させ、3月9日に国会に提出しました。

「立憲パートナーズ」登録のご案内

立憲民主党綱領に賛同し、本党を通じて日常の暮らしや現場の声を立脚点としたボトムアップの政治に参画しようとする18歳以上の個人で、登録手続きをしていただいた方を「立憲パートナー」と呼び、また本制度の名称を「立憲パートナーズ」といいます。

(登録手続きと登録期間について)

立憲パートナーにご登録いただくには、本WEBサイトまたは立憲民主党の地方組織のいずれかから所定の申込書式に必要事項を記入し、登録料の払込みとともに申込みをしていただくことが必要です。登録料は年額500円です。 申込み手続きが完了した日から1年後の月末までが登録期間となります。登録更新の手続きについては、期間終了以前にあらためて党からご案内致します。

(党本部への登録について)

立憲民主党の地方組織を通じてお申し込みいただいた場合には、党本部への連絡がされた時点で登録手続きが完了します。 なお、党本部に登録された立憲パートナーズ名簿は原則非公開とし、党執行役員会及び党常任幹事会が承認した目的以外に用いることはできません。

(退会について)

立憲パートナーは、党本部が指定する、登録情報の変更・退会等に関する専用メールアドレスに連絡することによりいつでも立憲パートナーズ登録を解除することができます。 立憲パートナーから退会(登録解除)の申し出があった場合、党本部及び都道府県連合等は直ちに名簿からの削除など必要な措置を講ずるものとします。なお登録料については、登録期間中の退会の場合を含めて返還は行われません。

(立憲パートナーズの活動)

立憲パートナーは、立憲民主党とのパートナーシップに基づき、党及び立憲パートナーズによるプラットフォーム等を通じて、ボトムアップの政治をめざす様々な取り組みに参画します。

※「立憲パートナーズ規則」をご確認下さい。