立憲民主党ジェンダー平等推進本部では、このたび政策ビラ「女性が動いて政治を変える」編を作成しました。今通常国会では、政党や国、地方自治体にセクハラやマタニティーハラスメント(マタハラ)の防止策を求める内容を新設した、改正政治における男女共同参画推進法が成立しました。

 コロナ禍であらためて浮き彫りになったのは、女性たちが置かれている立場の弱さです。立憲民主党は、当事者の声を政治に届ける、女性議員を増やす取り組みを進めています。

 女性が動いて政治を変える。

202106政策ビラ ジェンダー平等推進本部.jpg

202106政策ビラ ジェンダー平等推進本部.pdf